オリゴ糖と腸内環境

最近の腸内環境の研究によって、健康は腸内環境が握っていると言っても過言ではないことが分かっています。そんな腸内環境と便秘の関係を考えてみましょう。まず腸内環境が悪化すると便秘になります。しかし便秘になることで、ますます腸内環境が悪化することに。そしてそれによってますます便秘になるという、切れないリングのような関係なのです。そこで健康のためにもこの悪のリングを断ち切ることが重要になります。 そこで腸内細菌の状態を良い状態にしていくことが、大切だということになるのです。腸内環境を良くする善玉菌、悪化させる悪玉菌、そして強くなった方になびく日和見菌。この関係を良い状態にするには善玉菌が悪玉菌を押さえつけて善玉菌の数を増やすことなのです。そのため善玉菌が元気になる必要があります。善玉菌と悪玉菌のいわゆる餌となるものはまったく違います。そしてその結果代謝するものも、善玉菌は乳酸など体のために良い成分を代謝し、悪玉菌は毒性の強い成分を代謝するのです。 そこで善玉菌の餌となるオリゴ糖を摂取することで、善玉菌は栄養素をしっかり摂取することができ、その代謝物として乳酸をどんどん吐き出すことに。それによって悪玉菌は減っていき、毒素の排出も減るわけです。腸内は良い環境になり正常な運動ができるようになるため、腸内の動きも活発になります。それによって便秘も解消していくのです。つまり悪のリングを断ち切る鍵はオリゴ糖にあったのです。

オリゴ糖は選ぼう

腸内環境を良い状態に保つことは、健康を保つことと同様とも言われています。それほど腸内環境は重要とのこと。そして腸内環境を悪化させる便秘を改善し、腸内環境を良い状態にするのがオリゴ糖です。そんなオリゴ糖はスーパーでも小売店でも通販でもドラッグでも、どこでも購入できるようですが、実は購入する際に注意しなければならないことがあります。 それはオリゴ糖の質の問題です。質の悪いオリゴ糖の中にはオリゴ糖の働き自体も低く、砂糖を摂っているのと変わらないような粗悪なものも結構存在しています。そのためオリゴ糖を購入するときに選択を間違えてしまうと、思ったような効果どころか健康被害に遭ってしまうこともあるのです。いわゆるオリゴ糖はピンからキリまでということになります。そこでまず価格的に安いものは避けたいところです。もちろん高いものがいいということばかりは言えません。しかしスーパーやドラッグで安く売っているものは純度をチェックするとまず低量であることが分かるはず。 そこでチェック法として、純度が高いかを調べることが重要です。オリゴ糖は甘さからいうと、とても弱い甘さのため、水飴やシロップを混ぜてあるものなども多いので注意したいもの。他にも難消化性オリゴ糖と消化性オリゴ糖があります。消化性オリゴ糖はお腹まで届かないと考えましょう。腸内環境のためであれば難消化性オリゴ糖を選ぶことをおすすめします。

オリゴ糖で便秘改善

便秘は特に多くの女性を悩ませているとも言えそうですが、そんな便秘を解消するためにオリゴ糖とても人気を集めています。特にオリゴ糖はお腹に優しいので赤ちゃんにもおすすめです。そんなオリゴ糖と便秘解消に関することについて考えてみましょう。まず便秘の原因を考えると、やはり腸内環境に行き着きます。腸内環境が悪い状態になることで、腸のぜん動運動が低下し排出すべきものがたまってしまうというものです。 腸内環境の悪化にはさまざまな要因があります。例えば腸のおそうじや刺激によって腸内を綺麗にしてくれる食物繊維の不足によるもの。女性の場合は黄体ホルモンが優位になることで便秘気味になることもあります。またストレスによって代謝が落ち、腸の動きが低下するということも。しかしこのようにいろいろな要因があったとしても、直接的な原因としては善玉菌と悪玉菌のバランスということになるのです。 腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌が存在しています。日和見菌は善玉菌と悪玉菌の優性な方になびくというものです。そのため善玉菌と悪玉菌の割合がとても重要になるのです。これら3つのベストなバランスは善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌と言われていますが、実際は善玉菌と悪玉菌のバランスが重要となります。そして善玉菌が強くなると悪玉菌の増殖は抑えられ、その逆もあるわけです。そこでオリゴ糖が大活躍することになります。オリゴ糖は直接悪玉菌を攻撃するものではありません。しかし善玉菌の最高の栄養素となるのです。それによって善玉菌が元気になることで、どんどん悪玉菌の嫌いな乳酸を代謝していきます。それによって悪玉菌は増殖が抑えられ、数がずっと減っていく。これがオリゴ糖の威力と言えるのです。