オリゴ糖と腸内環境

最近の腸内環境の研究によって、健康は腸内環境が握っていると言っても過言ではないことが分かっています。そんな腸内環境と便秘の関係を考えてみましょう。まず腸内環境が悪化すると便秘になります。しかし便秘になることで、ますます腸内環境が悪化することに。そしてそれによってますます便秘になるという、切れないリングのような関係なのです。そこで健康のためにもこの悪のリングを断ち切ることが重要になります。 そこで腸内細菌の状態を良い状態にしていくことが、大切だということになるのです。腸内環境を良くする善玉菌、悪化させる悪玉菌、そして強くなった方になびく日和見菌。この関係を良い状態にするには善玉菌が悪玉菌を押さえつけて善玉菌の数を増やすことなのです。そのため善玉菌が元気になる必要があります。善玉菌と悪玉菌のいわゆる餌となるものはまったく違います。そしてその結果代謝するものも、善玉菌は乳酸など体のために良い成分を代謝し、悪玉菌は毒性の強い成分を代謝するのです。 そこで善玉菌の餌となるオリゴ糖を摂取することで、善玉菌は栄養素をしっかり摂取することができ、その代謝物として乳酸をどんどん吐き出すことに。それによって悪玉菌は減っていき、毒素の排出も減るわけです。腸内は良い環境になり正常な運動ができるようになるため、腸内の動きも活発になります。それによって便秘も解消していくのです。つまり悪のリングを断ち切る鍵はオリゴ糖にあったのです。